自然遊び。

森の中に設営されたテント

自然の中で遊ぶ。

米原暮らしのうれしいことの一つ、それは自然派アクティビティ。週末になったら、ホンモノの自然の中に飛びこんでおもいっきりアウトドアを楽しんでほしい。山に出かけてトレッキングやスキーをし、琵琶湖や川に出かけて釣りやキャンプをしてほしい。山菜を採り、ヤマメを釣って、自然を味わってほしい。ホタル、イヌワシ、山野草を見てほしい。自然とともに暮らし、自然を遊びつくしてほしい。

ジャパンエコトラック

ジャパンエコトラック

自転車・トレッキング・カヌーといったアクティビティを通じて自然を体感し、地域の歴史や文化を味わい、人々との交流を楽しむ新しい旅のカタチ。それが、ジャパンエコトラック推進協議会が提唱する「ジャパンエコトラック」です。

米原市では、平成28年10月に、全国で5番目となる「びわ湖・伊吹山」のエリア登録を行いました。この「ジャパンエコトラック」ルートを通じて、びわ湖の素・米原ならではの自然や歴史、文化を体感してください。また、米原駅にはサイクルステーションもオープンし、琵琶湖一周「ビワイチ」のスタート地点としても是非ご活用ください。

PDF(JAPAN ECO TRACK)をダウンロード

PDF(米原駅サイクルステーション)をダウンロード

http://about.montbell.jp/social/japanecotrack/

伊吹山のトレッキング

伊吹山でトレッキング。

麓から登山をするなら、山頂まで3〜4時間。季節ごとに変わる草花や木々の表情と、眼下に広がる里山の景色を楽しみながらゆっくり一歩一歩登ってみてほしい。天気が良いとさらに琵琶湖まで一望できるので、登る前には天気予報をチェックしてほしい。少し大変かもしれませんが、夜間に登って、遮るもののない世界で朝まづめの空の色を体感するのもまた格別。

伊吹山の頂上の花畑

天空の楽園へ行く。

「天空の花畑」とも称される伊吹山の山頂エリア。たくさんの山野草が一面に咲きほこり、伊吹山にしか見られない固有種など約1,300種の植物が息づいている。四季折々の色あいを目で楽しんでほしい。ドライブウェイを利用すれば、9合目まで車でスイスイ行けて、そこからのんびり歩いて40分ほどで辿り着きます。

伊吹山のパラグライダー

パラグライダー

「大空を鳥のように自由に飛んでみたい」と思ったことはありませんか? そんな夢を叶えてくれるのが伊吹山の一合目にあるパラグライダースクール「ブルースカイ」。このスクールでは気軽に楽しめる体験コースから、本格的なライセンスが取得できるマスターコースまで、幅広い人が空中散歩を楽しむことができます。

誰でも気軽に空中散歩ができる1日体験コースでは、装具の名称や使い方を教わり、インストラクターの指導のもと一人でテイクオフ。空に浮き上がり琵琶湖を眼下に眺める爽快感は、ここでしか体験できない格別なもの。ライセンスを取得して、休日は空を散歩するというのもいいですね。