冨岡尚子

エプロン姿の冨岡さん

学生服とソーイングのお店。

神戸でアパレルブランドのパタンナーをされていた冨岡さん。結婚を機にUターンされ、米原で学生服とソーイングのお店「クチートとみおか」を開業。子どもが学校から帰ってきたときに「おかえり」と言ってあげたくて自宅をショップにされた優しいお母さん。その気さくな人柄と、話上手な冨岡さんの周りにはいつも自然と人が集まります。

冨岡さんが使っているミシン

ミシンカフェ。

お店や子育てを忙しくされてきた傍ら、米原がもっとステキになればと、積極的にまちづくりにも参加されています。その一つがミシンカフェ。手づくりの楽しさを感じてもらいたいという冨岡さんの想いから始まった事業で、世界に一つだけのモノづくりをサポートしてもらえる。何事にも楽しそうに、フットワーク軽く、チャレンジされる姿勢は、とにかく清々しい。