田中秀典

伊吹山と田中さん

独立、そして米原で起業

田んぼの向こうに伊吹山を一望できる国道365号線沿いに、ぽつんと立つ一軒のセレクトショップ。道すがら、誰もが気になる米原スポットとなっている。その噂の店を営むのは田中秀典さん。大手スポーツショップのバイヤーからセレクトショップのプロデューサーという経歴を経て独立し、「!sn’t !t design.」という名のセレクトショップをここ米原市にオープンした。

ショップの中に立つ田中さん

決め手は、人。

プロデューサー時代には、古民家をリノベーションしたセレクトショップを展開し、自宅も古いビルを改装して暮らしていたというこだわり様。都会に飽きたアパレル業界が、地方の格好良さに惹かれているという時流もあり、自分で店を構えるなら、絶対に雪が降る田舎が良いと、ここだと思える場所を探していたという。

そして、伊吹山が綺麗に見え、ぽつんと感が際立つ、現在の場所と出会った。決め手となったのは、市役所職員の対応が親切丁寧だったことも大きかった。人との出会いが暮らし方を決めるきっかけになったと話す。実際にオープンしてみると、週末になると名古屋からレンタカーで来てくれるお客様など、ゆっくりのペースではあるがリピーターが着実に増えているという。

インタビューを受ける田中さん

「わざわざ」と「ついでに」を企てる

現在は奥さんとお子さんとの3人暮らし。
フレンドリーな田中さんの人柄もあり、集落に馴染み、ご近所さんから野菜をいただいたりして米原ライフを楽しんでいるという。

まだまだ人の流れが少ない米原市に、SNSでの情報発信を利用して「わざわざ」を作り、「ついでに寄って行こ!」となる店にしていきたい。近隣にカフェや家具店などが増えれば、もっと地域が盛り上がると期待しているという。たくさんの人と話し、交流する覚悟のある人なら、きっと米原での暮らしを楽しめるはず。と話す田中さん。米原のぽつんと立つ店から広がる輪が楽しみだ。