米原の子育てポリシー。

森の小道を並んで歩く兄妹

まちぐるみで子育て。

自然の中で、風を感じ、土にふれて、巡る四季とともに子育てすることができます。春先には山菜採りをして、田植えの季節には泥んこ遊びをして、収穫の秋にはサツマイモ掘りや稲刈りをする。家族で作った野菜やお米が食卓に並び、季節を感じながら成長できる。田舎では古くから、村ぐるみで子育てしてきました。大人はみんな、父であり、母であり、子どもたちは兄弟姉妹である。このまちでは、今なおまち総ぐるみで子育てを応援しています。

赤ちゃんを抱いたお母さん

子育てしやすい環境をどこまでも。

妊娠から保育園・幼稚園・認定こども園までの時期が、特に大変で、そして大切。そんな大切な時期に、少しでもお父さん・お母さんの力になれるように、米原市では様々な支援や取り組みをしています。米原で生まれてくれた小さな命を元気に育てるのは、まちの仕事だと思っています。